Buck-Tick ~中毒性のカタマリ~

スポンサーリンク

English

スポンサーリンク

「バクチク節」が具体的に何なのか、捉えるのは少し難しい

「Buck-Tick」の音楽性は、アルバムごとに大きく変化する。

しかしその根底には、「バクチク節」のようなものが常に流れている。

だから、前作から音楽的に変わってしまったとしても、ファンが離れてしまうことはない。

その「バクチク節」が具体的に何なのか、捉えるのは少し難しい。

恐らく、中毒性のある奇抜なアレンジであるとか、その中で際立つ綺麗な歌メロとか、そういったものの集合体が、きっと「バクチク節」なのだろう。

私が「Buck-Tick」を好きになったときは、アルバム「Cosmos」が最新作だった。

そこから遡るように歴史を辿り、音楽性の変化に驚き、しかしそれでも好きになってしまったのだ。

「Cosmos」の次に出た「Sexy Stream Liner」もかなりハマった。

アバンギャルドの限りを尽くしたかのような斬新なアレンジが、大層気に入った。

「バクチク節」が根底にある限りは、どれだけ音楽性が変わっても、気に入ってしまうのだろうなぁ・・・と思っていた。

「バクチク節」が失われたからなのか、私の感性が鈍くなったのか

しかし、その次の「One Life,One,Death」は、嫌いではないが、以前ほどの魅力を感じなくなった。

さらに次作は先行シングルを買い、アルバムは買うのをやめてしまった。

熱が冷めてしまったのだ。

これが、「バクチク節」が失われたからなのか、私の感性が鈍くなったのかは分からない。

どちらにせよ、昔のようなドキドキ感が味わえないということは、残念なことだ。

2010.2.22 Freakz

(追記)

私は今も「Buck-Tick」の新譜を買ってはいない。

しかし新作をリリースするたびにニュースは目にする。

彼らはどうやらブレてない。

ブレたのは私の方だ。

要は「Buck-Tick」の音楽に自分の衰えた感性がついていけなくなってしまったのだ。

しかし、音楽性を変えながら、メンバーは不動で、継続的に活動を続ける稀有なバンドだ。

ちなみに私は「Taboo」というアルバムが最もお気に入りだ。

2022.5.13 Freakz

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました