Grip Inc. ~Dave Lombardoの次なる歩み~

スポンサーリンク

English

スポンサーリンク

俺のバンドは『Grip Inc.』だ

「Slayer」を脱退したDave Lombardoが新たに、自分のペースで活動すべく立ち上げたバンドが「Grip Inc.」だ。

カタカナで検索をかけるとボールペンの話題ばかり引っかかるのが残念だ。

「Grip Inc.」はこれまでに4枚のアルバムを出している。

Daveは「Slayer」に復帰したため、こちらの活動はたち消えになってしまうかと思っていたが、意外と頑張っているようだ。

何より、Dave自身、「俺のバンドは『Grip Inc.』だ」と公言している。

皮肉なことに1枚目が抜群に魅力的

1枚目のアルバム「Power of Inner Strength」は「ドラマーのソロアルバムのようだ」と揶揄されるほど、Daveのパワフルで技巧的なドラミングがクローズアップされている。

それは、バンドとしてのまとまりがないとして、しばしば批判の対象になる。

2枚目「Nemesis」以降、バンドとしてバランスのとれた作品を発表しているが、しかし皮肉なことに1枚目が抜群に魅力的だ。

Daveのドラムのすごさにただただひれ伏すばかりだ。

速く叩いている時の彼は神がかっている

他パートは目立たない分、シンプルかつキャッチーなフレーズを弾いているので、とても聴きやすい。

このバンドはこれでバランスが取れているのではと思うほどだ。

またDaveらしいスピードナンバーが多いのも嬉しい。

スピードメタルのドラマーと捉えられることをDaveは嫌っているようだが、やっぱ速く叩いている時の彼は神がかっている。

基本的に良質のスラッシュメタルを毎回聴かせてくれるので、私の中での偏差値は高いです。

次のアルバムが待ち遠しい。

2010.4.14 Freakz

(追記)

私がこの記事を書いていた時まだ知らなかったのだが、ボーカルのGus Chambersは2006年に脱退。

さらに2008年にドラッグとアルコールにより死亡している。

いくら待っても彼らの新作は聴くことが出来なかったわけだ。

非常に印象的なフレーズを弾くギタリスト、Waldemar Sorychtaは、「Grip Inc.」活動停止後は「Enemy of the Sun」というバンドで2枚アルバムを出している。

特に一枚目の「Shadows」というアルバムは好きだ。

あのギターのフレーズをもっともっと聴きたいのだが、最近はプレイヤーとしてではなく、プロデューサー業に専念しているようだ。

カムバックプリーズ!

2022.11.11 Freakz

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました