鈴木研一 ~研ちゃんの詞も良いんだぞ~

スポンサーリンク

English

スポンサーリンク

独特の味があって非常によい

「人間椅子」の作詞の9割くらいは、和嶋慎治のペンによるものだ。

残り1割ほどを、鈴木研一が作っていることになる。

一般的に、和嶋の文学的な詞の評価が高いし、私も和嶋の詞は好きだ。

しかし、余り注目を浴びない鈴木の詞も、独特の味があって非常によい。

実に多彩な歌詞を書いている

「ヘヴィメタルの逆襲」「相撲の唄」「わ、ガンでねべが」「大予言」「肥満天使」など。

…ナンセンスソングは和嶋も評価するところ。

「地獄」「地獄風景」「人食い戦車」など。

…鈴木流スプラッタ。残虐な言葉が並びカッコ良い。

「屋根裏のねぷた祭り」「終わらない演奏会」など。

…鈴木流ホラー。情景が目に浮かび、異世界に迷い込んだような怖さ。

「蟲」「恐怖!!ふじつぼ人間」「膿物語」など。

…生理的嫌悪感を催す歌詞を書かせたら日本一。

「糞でかがめばケツはウジだらけ」って。

「ダイナマイト」「エキサイト」「銀河鉄道777」など。

…パチンコシリーズ。

ファンの批判にあい、現在は封印中。

好きなんだけどな。

と言う風に、実に多彩な歌詞を書いているのだ。

一種の清涼剤のようでもある

これは、比較的堅い詞を書く和嶋と好対照であり、アルバムの中に数曲挿入されるそれは、一種の清涼剤のようでもある。

アルバムごとに、「今回は鈴木が何をやらかしてるかな」、と期待してしまう。

それも人間椅子の作品を手に取るときの、楽しみの一つであることは間違いない。

2010.1.20 Freakz

(追記)

最近はめっきり地獄シリーズが定着した感のある鈴木の詞だが、過去には色んなタイプの詞を書いていたものだ。

せっかくだからちょっとまとめてみようか。

現時点で鈴木作詞の曲は43曲。(共作の三十歳は除く)

うまく分類できないものもあったが、大体で分けてみたものが下図である。

 

 

①地獄系

地獄で行われる残虐なことがテーマ。

スプラッタのような残酷さが描かれる。

「冥土喫茶」はナンセンス系のような気もするけど、一応こちらへ。

 

 

②ホラー系

異世界に入り込んだような怖さ。

「晒し首」は文学系、「ねぷたのもんどりこ」は地獄系のような気もする。

「エイズルコトナキシロモノ」「恍惚の蟷螂」も少し違う気もするがホラー系に入れておいた。

 

 

③生理的嫌悪感系

もっとあるかと思ったが、意外と少なかった。

「恐怖!!ふじつぼ人間」はホラー系でも良さそうだが。

 

 

④ナンセンス系

コミカルな内容がテーマ。

これも意外と少なかった。

申し訳ない、表から「相撲の唄」が抜けてるね。

 

 

⑤パチンコ系

正面からパチンコを扱った曲はたったの4曲ですよ皆さん。

 

 

⑥文学系

この辺はかなり曖昧。

「鬼」がいるのは地獄か、とも思ったけど、うーん、こっちかなぁ。

 

 

⑦その他

どこにも入れられなかった4曲。

「サバス・スラッシュ・サバス」はパチンコ系に入れるべきか悩んだが、パチンコが出てくるのは一番だけなので、こちらへ。

「あしながぐも」は文学に入れてもいいかな、とも思うけど、うーん難しい。

「発射」はホラー? うーん。

「不惑の路」は鈴木の気持ちだろうから、これは珍しいタイプ。

 

 

というわけで、分類なんてどうでもいいことなのかもしれないが、やり始めると没入してしまうものだ。

結構悩みましたが、この辺りで勘弁して下さい。

2022.11.4 Freakz

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました